「家を残すことから考える」司法書士法人イストワールの住宅ローン相談

相談者の救済事例-個人再生

借金の負担を減らして家を残すことができる「個人再生」

事例紹介親身な相談で安心、家も残すことができた

勤務先の収入が激減。返済のためにまた借金をするという悪循環…友利様(仮)の事例 です。

友利様(仮)の状況

友利さんの家族構成
母、妻、子供2人(小学生、中学生)
住宅ローン残債
約2,300万円
住宅以外のローン
600万円
世帯年収
360万

オークション取引に熱中してしまい、クレジットカードで購入を繰り返しました。当初リボ払いだったので返済できていましたが、限度額がいっぱいになると同じように次のカードを作ることを繰り返してショッピングの利用をしました。徐々に家計に占める返済額が増えて借金して返済するようになりました。これも借金を増やすだけの結果になってしまいましたが、何とか返済したいという思いでした。もっと条件のよい職場で働かなければと思い転職しましたが、思ったより手取収入は増えませんでした。収入も減ってしまい、どのカードも限度額いっぱいになってしまったため借りて返すこともできなくなってしまいました。

ある月の使用内訳

食費
15000円
保険料
40000円
ガス、電気、水道、電話
40000円
医療費
5000円
教育費
40000円
住宅ローン
88000円

対策

高齢のお母様の面倒をみるために、2世帯住宅を購入した友利様。仕事も家庭も順調な時、すきま時間にはまったネットオークションがいつしか600万円にものぼる借金に膨らんでしまいました。

借金を返済するためにあらたなキャッシングローンを組んでしまうという悪循環が続きます。なんとか返済していこうと転職して収入アップを目指しましたが、以前よりも給与が激減する結果となってしまいました。ご相談の結果、奥様もパートをはじめ、ご本人にも安定した収入があるのでご自宅は売却しなくても、個人再生を使って借金を整理すればなんとかやっていけそうだということになりました。

結果

借金を返済するために転職したのに収入がへってしまうという結果となり、ご本人も大変苦しい思いをしている中、ラジオで流れる司法書士法人のCMを耳にして思い切って相談しようと決意したそうです。

「最初は問いあわせすること自体が不安でしたが、親身になって色々と教えてくれたので、安心して手続きができました」と安堵の表情を浮かべる友利様。お母様と子ども達のために、ご自宅をなんとか残したいということが友利様のご希望でしたので、大変安心されたようです。

今後は安易に借入をせずに、借金のない生活を家族と共に力を合わせて建て直したいと語ってくれました。

救済事例カテゴリ

まずはお気軽にご相談ください!

借金の相談をすることはとても勇気のいることだと思います。司法書士法人イストワールは、勇気を出して一歩踏み出だされたあなたを全力でバックアップいたします。相談は何回でも無料です。この事務所なら信頼できると思ったら正式にお手続きをしてください。どうぞお気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。

イストワール公式サイトはこちら