「家を残すことから考える」司法書士法人イストワールの住宅ローン相談

相談者の救済事例-任意売却

自らの意思で家を売り、返済に充てる方法「任意売却」

事例紹介家を売却し、平穏な生活がおくれている

離婚した元妻が知らないうちにローンを滞納。給与も減って返済が困難に。木本様(仮)の事例です。

木本様(仮)の状況

木本さんの家族構成
子供1人(中学生)
住宅ローン残債
約1500万円
住宅以外のローン
300万円
世帯年収
350万円
月収
23万円(手取り)

子供も生まれ、将来を考えて住宅を購入。自分の収入と妻のパート収入で返済もなんとかやっていけるだろうと思っていました。3年くらいたったある日、妻から突然「子供と家を渡すから離婚してほしい」と言われ、話し合いを続けるも結局離婚をすることに。離婚直後に元妻が自分名義で多数のキャッシングローンを組んでいたことが発覚。住宅ローンとの支払いを含めて返済額が倍近くになりました。さらに勤務先の経営状態が悪くなり、給与が半減。貯金も尽きて住宅ローンの返済どころか、息子の誕生日に何も買ってやれないような状態になりました。

ある月の使用内訳

返済総額
190000円
食費
78000円
医療費
8000円
電気、ガス、水道、電話代
66000円
車維持費
20000円
固定資産税、自動車税
17200円
雑費(交際費、日用品)
30000円

対策

家計の一切を元妻に任せていた木本様。突然の離婚によって、使途不明の多額の借金に加えて電気、ガス、水道代の支払も滞っていたことがわかり、目の前が真っ暗になったそうです。

育ちざかりの息子のためにもなんとか生活を建て直したいとイストワールに相談にきてくれました。ご自宅を残すことも考えましたが、今後の教育費も含めた多額の出費や木本様の収入状況なども検討し、ご自宅を売却して借金の返済にあてることにしました。ただ、ご自宅の売却だけでは住宅ローンとその他の借金の全額を返済することは難しかったので、再スタートを切るためにも、破産の申し立てをする方針に決まりました。

結果

住宅ローンの返済と借金の返済、育ち盛りの息子の養育費などご自分の収入だけでは間に合わず、ご両親や兄弟などにも借金をしていたことを心苦しく感じていた木本様。今回、ご自宅を売却して破産し借金の返済がなくなることで何よりも心が軽くなったといいます。

破産するとどうなってしまうのか、不安だったそうですが、「破産しても、特に何もなく平穏な生活が送れている」ことに驚いていらっしゃいました。

今後は借り入れをしなくてもすむような暮らしを送れるように、息子と協力しあいながら新たな一歩を踏み出したいと話してくれました。

救済事例カテゴリ

まずはお気軽にご相談ください!

借金の相談をすることはとても勇気のいることだと思います。司法書士法人イストワールは、勇気を出して一歩踏み出だされたあなたを全力でバックアップいたします。相談は何回でも無料です。この事務所なら信頼できると思ったら正式にお手続きをしてください。どうぞお気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。

イストワール公式サイトはこちら