「家を残すことから考える」司法書士法人イストワールの住宅ローン相談

相談者の救済事例-個人再生

借金の負担を減らして家を残すことができる「個人再生」

事例紹介簡単にできるカードローンで合計1000万円を超える借金に

自宅に住み続けて1000万円を超える借金を軽減

堀田様(仮)の状況

堀田さんの家族構成
夫婦 子供3人(乳幼児2人、小学生1人)
住宅ローン残債
約1800万円
住宅以外のローン
1500万円
世帯年収
550万(奥様のパート代含む)
月収
30万円

長男の誕生を機にマイホームを購入しました。住宅ローンの返済などもあって、自分のお小遣いが減ってしまったので家族に内緒でカードローンを利用するようになりました。簡単に借金ができることもあって、多額の借金を抱えているという感覚が次第に薄れ、金銭感覚を失っていきました。
カードローンをはじめてから8年がたった頃、借金に追われるようになり、みるみる借金が膨らんでいきました。隠し事をしている後ろめたさもあり家族とも楽しく過ごせない状況でした。

ある月の使用内訳

食費
74000円
保険料
19700円
駐車場・ガソリン代
31000円
電話・新聞・ガス・水道代
23000円
衣服・雑費
25000円
医療費
8000円
交際費
10000円
住宅ローン
89000円
教育費
20000円

対策

最初はちょっとしたお小遣いの不足分を埋めるためという軽い気持ちで借金をした堀田様。なんとか給与の範囲で返済できました。その後、お子様が生まれ、車も購入するなど次第に生活を圧迫していきます。気が付けば10社を超える貸金業者から借金をしており、そのほとんどが限度額いっぱいとなり返済不能となったときに、イストワールにご相談に来てくださいました。

堀田様は、住宅ローンの滞納もなく、仕事をして安定した収入があったので、堀田様と話し合い、今後の返済計画も検討した上で自宅を手放すことなく個人再生で借金を減額していこうという方針に決定しました。

ご自宅の査定をしたところ、評価額が債権残高よりも下回ったこともあり、住宅ローンと住宅ローン以外の借金総額1500万円を個人再生の手続きで5分の1ちかい金額まで大幅に減額することができました。

結果

マイホームを手放すことなく、これまで生活を大きく圧迫していた借金の返済を大幅に抑えることができました。家族に秘密を抱え、一緒に過ごしていても楽しくなくなってしまったという堀田様。イストワールに相談したことで借金と真剣に向き合うことができ、全てを打ち明け、家族で力を合わせて生活の基盤を立て直そうと前向きな気持ちになれました。

救済事例カテゴリ

まずはお気軽にご相談ください!

借金の相談をすることはとても勇気のいることだと思います。司法書士法人イストワールは、勇気を出して一歩踏み出だされたあなたを全力でバックアップいたします。相談は何回でも無料です。この事務所なら信頼できると思ったら正式にお手続きをしてください。どうぞお気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。

イストワール公式サイトはこちら